Gackyの卓球触レポ

卓球用具のレビューをメインとし、動画も配信していくかもしれないブログ

未分類

学校に意味はあるのだろうか

投稿日:2019年3月27日 更新日:

こんにちはGackyです。

 

気が向いたので教育について自分の考えを書いてみようと思いました。

 

 

タイトルの通りで学校に行く意味はあるのか

ということ

 

結論

 

学校は

好きな人は行けば良く

嫌いな人は行かなくて良い。

 

勉強は情報を仕入れやすい現代では学校でなくてもできる

好きなものを好きなだけ極めることだって可能な世の中で

行きたくないと思うのであれば

無駄な時間を過ごす必要はないと思う。

 

 

人とのコミュニケーションは??

学校以外にもいくらでもコミュニティは存在するので

 

何をどう考えたって私の中では

学校に”絶対に”行く必要はないと思う。

 

その学校に自身の求める情報が存在するのであれば行けば良いと思う。

 

 

 

ぼくは学費を

その子の好きな時間にすべて当てることができたら

どうなるのだろうか・・・っと考えることが多い。

 

 

学童で働いていた時期が数年ほどあった。

ぼくはそこで気付いた。

 

個々に個性があり個体差があるのは当たり前ではあるのですが

傾向として

 

男の子はなにかに夢中になることが多く

女の子は大人に向かっていこうとする

 

ということ

 

 

なるほどと思った。

子に余計なことをしないのが教育で

子の進むべき道へ行くため

親はアシスタントとしてあるべき。

ということに気づいた。

大人はいつも子供を信用していない故に意思を尊重しないのだということ。

 

 

しかしここまでは子供のことを考えた場合で

それが最善ではないかと僕の考えを書いていったわけで

 

 

親としてはどうだろうか。

義務教育故に支払わなければならない学費

そこにもったいなさを感じることもあれば

共働きであれば家に子供一人置いておく時間が不安だったり

学校に行かせることで育児疲れを少しでも癒したいというのもあるのではないだろうか。

 

 

家族の協力を得ることができるほど仲が良かったり

はるか昔のご近所付き合いが良かった時代であれば

もう少し緩和されるだろう。

 

きっとまだ理解者は少ないそんな世の中であることを痛感しますね。

 

長く語るのもなんなので断片的で失礼いたしました。

 

あ、ちなみにぼくは学校にはちゃんといってましたが授業は聞いておらず

授業中は脳内でいろいろな想像をして遊んでるのが好きな子でした。

 

あまりにも勉強に興味がなくて先生も夏休みの宿題は提出しなくても見逃してくれるレベルでしたよ(爆)

 

 

-未分類
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブログ移設しました。

やぁどうもこんばんはGackyです。 最近食欲が半端なくて太り始めました。 ダイエットのためにも卓球を頑張っていきたいところですが 食欲がカロリー消費量の1000倍ぐらいなんで何をどうしたら良いものか …

1年間ひと月に4個記事を投稿する企画

ということでタイトルの通りです。 1年間ひと月に4個以上記事を投稿する企画 始めました。 なんかやんねーとなーーーっていっていつもやるやる詐欺してるのでやります。 その昔というか今もたまに言われる 1 …

no image

弔い

          ”卓球が好きだ”   そう心から言える人間は何人いるだろうか     割と少ないのかもしれない。     戦うことが面白い? 勝利が面白い? 優劣をつける承認欲求の慣れの果て? 嫉 …